キャッシング 審査 会社 電話

MENU

キャッシング審査の会社への在籍確認電話の対処法

キャッシングをする場合には、事前審査があります。

 

この事前審査には書類の提出などがありますが、キャッシング会社から見れば
本当にその人がお金を借りて返してくれるのかどうかという点が重要になってきます。

 

そこで、キャッシングをする場合には、
現在勤めている会社に在籍確認の電話を入れます。

 

在籍確認の電話を入れる場合には、嘘をついてれば
そこの段階でばれてしまいますので、虚偽の報告をしないようにしなければなりません。

 

実際に働いている場合でもキャッシングの会社から電話があれば気になるでしょう。
よく誤解されている点は、キャッシングのTELをするときには
会社名を名乗ると思っている人がいます。

 

例えば消費者金融でお金を借りる場合、消費者金融の名前を名乗って
本当に在籍しているかどうかの確認をすると勘違いしている人も少なくありません。
ですが実際には消費者金融の名前や業者名を名乗ることはなく確認をします。

 

単にお金を借りようとしている人の名前を出すだけです。
例えば「佐藤さんいますか」という感じで確認をとります。
その点については、業者としても心得ていますので安心です。

 

では、それにもかかわらずできるだけ働いているところに
連絡をしてほしくないという人はどのように対処したらいいでしょうか。

 

業者にもよりますが、確認を書類でする方法もあります。
結局お金を貸す側としてはその人が在籍していることが証明できればいいので、
絶対にTELをしなければならないわけではありません。

 

ではどのような方法で対処したらよいでしょうか。
具体的な方法としては勤めているところの給料明細書を数カ月分もっていきます。
これによって、そこで働いていることが証明できるわけです。

 

ただし業者によってはこの方法が使えない場合もあります。
この場合にはまず業者と交渉していましょう。
この時に必要なのは、なぜ勤めているところに連絡をしてはいけないかという理由を明確に話すことです。