キャッシング 審査 通らない

MENU

キャッシングの審査が通らない場合…次にするべきこと

キャッシングの利用には、まずは審査を受けてそれに通らないといけません。
しかし、必ずしも通るとは限りません。

 

なぜなら、お金を貸す側は返済能力の有無を見て、
あると考えればキャッシングの利用をさせますし、
その際の枠はその返済能力に応じた額を貸すからです。

 

これは、キャッシングを提供している業者は営利企業だからです。
慈善事業なら、貸し倒れても問題ありませんが、企業はお金を貸したことで
回収できる金利によって収益を得ています。

 

それが回収できない人に対しては、貸すはずがありません。
ただし、この返済能力の判断の仕方は、各業者によって異なります。
そして、必然的に甘い、厳しいという傾向が各会社ごとに存在します。

 

そのため、厳しめのところに申し込んだ結果審査に通らないという方でも、
甘いところに申し込めば通るということもあります。
これについては、口コミなどをもとに判断することができます。

 

したがって、もし通らなかったところが厳しいところだとわかれば、
甘いところに申し込むと良いでしょう。

 

それでも通らないという場合は、信用情報がブラックになっているか、
返済能力がないと判断されている可能性があります。

 

また、貸金業者の利用の場合は総量規制の枠にすでに達しているため、
借りられないという可能性もあります。
この場合は、あきらめるしかありません。

 

そして、もはや返済が困難であるという状態にある方は、
債務整理や自己破産などを検討したほうが良いかもしれません。

 

そもそもお金を借りる目的が、他の借金への返済のためであれば、
仮に借りることができたとしても、遅かれ早かれ詰んでしまいます。

 

債務整理や自己破産は、件数や債務の額が少ない方が、
弁護士に頼んだ時の費用が少なくなりますし、手続の難度も下がります。

 

したがって、そのような状態に該当する方は、
一度弁護士に相談するようにしましょう。

 

弁護士によっては、初回の相談は無料としているため、気軽に利用しやすいです。