キャッシング 審査落ち

MENU

キャッシングで審査落ちしてしまう原因はコレ!

キャッシングの審査に申し込んだのに、なぜか審査落ちしてしまう・・・。

 

業者でもないのに何がダメなのか理由がよく分かりませんよね。
ただ審査を通らないということは、何か業者が融資をためらうような理由があることは確かです。

 

ここでは実際に、消費者金融がどのような基準で融資の可否を決定しているのか公開いたします。

 

まず一番に審査落ちの原因として考えられるのが、信用情報に関する問題です。
信用情報とは各業者でのキャッシングや、その他のローン状況のことで、
業者が審査基準として重要視する項目です。

 

信用情報は専門機関でいつでも確認できるので隠しようがありません。
キャッシングをしている会社の数、借り入れ額に問題ありませんか?

 

業者は総量規制の関係で、年収の3分の1以上を貸すことはできません。
信用情報には奨学金なども入るので、
何か心当たりがあればそれが原因になっている可能性があります。

 

また当然ながら他社で延滞歴があったりすれば
大きな減点となり、融資を受けることは困難になります。

 

収入にも注目しましょう。
業者が重視するのは、収入の安定性です。

 

フリーランスや個人事業主といった収入を得る時期が不定期な仕事は、
審査が厳しくなる要因の一つです。

 

これまでの稼ぎには問題なくても、来月、再来月、さらにその先の収入に
はっきりとした見込みがなければ、キャッシングの性質上業者は快諾できません。

 

高収入の経営者でも落ちることがあるので、納得いかない部分もありますが
業者の好き嫌いとして受け入れるしかないでしょう。

 

あとは勤務期間も注目されます。
今の仕事について短いと、この先も仕事を続けて
収入を得られるか不確かなので、これもマイナス要素です。

 

総合的には、収入が特別高くなくても、職業が安定的で、キャッシングしたものは必ず返し、
過去にも延滞などの問題を起こしていない、一言でいえば無難な生活をしている人は、
何か特別な理由がない限り審査落ちすることはありません。

 

業者が好むのは安定性、嫌うのはリスクです。この点から今一度見直してみてください。