キャッシング 審査無し

MENU

審査無しのキャッシングのメリット・デメリット

通常、キャッシングを申し込むと審査が行われるのは、申込者の返済能力や
過去の情報を見るためで、業者としては、少しでも貸し倒れリスクを少なくして
健全な経営をするために必要なものなのです。

 

逆に、利用者にとっては、審査とは非常に邪魔くさいもので、
これがあるために資金が必要なのに借りることができないということにもなります。

 

大手消費者金融が公表している数字では、申込者のうちの10人中の4人しか
審査に通っておらず、実に、10人中の6人が審査落ちしていることとなるのです。

 

このことより、審査無しのメリットとは、利用者からみれば、返済能力や過去の情報を
見られることがないということになり、本来であれば10人中6人が審査落ちするところが
全員審査通過できるという非常に都合の良い話ということになります。

 

ただし、言うまでもなく、普通の金融業者であれば、貸し倒れリスクが
大幅に悪化して、経営難に陥る可能性がでてくるということになります。

 

それでは、審査無しのデメリットとは何でしょうか。

 

キャッシングの利用者からすると、デメリットはないようにも思えるのですが、
まともな金融業者の場合には必ず審査を行いますので、まともでない業者と
取引する可能性がでてくるということが最大のデメリットでしょう。

 

簡単に言うと、非正規のキャッシング業者である
闇金融と取引してしまうということです。

 

闇金融の場合には、元から、利息で稼ごうなどとは考えていませんので
審査などする必要もないのです。

 

また、闇金がターゲットとしているのは、返済能力のある人ではなく、
返済能力が乏しくお金が必要な人で、まともな金融機関からは
融資を受けることができない人となるのです。

 

よく、自己破産などをして官報に名前と住所が掲載されると
闇金からのDMが急増することがありますが、
まさに、自己破産をしているような人たちは格好のターゲットとなるのです。

 

闇金とは、不法業者であり、詐欺集団である可能性が極めて高い組織ですので、
犯罪に巻き込まれる可能性もありますので、決して利用してはいけません。