キャッシングリボ ショッピングリボ

MENU

キャッシングリボとショッピングリボの金利を比較!

キャッシングリボとショッピングリボは全くの別物で、
同じようなものだと思い込んでいると
「大きな損をしてしまう」ので注意が必要です。

 

そもそも、キャッシングリボは「現金を手に入れるための借金」であり、
ショッピングリボは「商品(サービス)を手に入れるための借金」です。

 

手元に現金が残るかどうかという意味で差別化することも出来ますが、
何よりも大きなポイントは「返済の負担」です。

 

例えば、キャッシングリボを利用するのは
「カードローンを利用する」という状況とほぼ同じです。

 

キャッシング枠(与信枠)の範囲であれば自由に借り入れをすることが出来るため、
ちょっとした瞬間に「手持ちが足りない」となった時でもすぐに現金を補充することが出来ます。

 

今、銀行系のカードローンであれば10%程度の低金利で借り入れをすることも出来ますが、
キャッシングリボの場合は「ほぼ18%以上」の金利で利用することになります。

 

つまり、約8%以上も多く利息を支払わなければ完済することが出来ない状態になるため、
本当に緊急事態以外は出来るだけ利用しないようにした方が賢明です。

 

一方、ショッピングリボの場合がどうなのかと言うと、状況はそれほど大きくは変わりません。
手元に現金が残らない代わりに商品を購入することが出来る訳ですが、
カードローンで言うところの利息に当たる「手数料」は状況次第で全く違ってきます。

 

例えば、金利手数料18%と言うサービスで商品を購入すればカードローン利用時とほとんど同じですが、
会社によっては「分割金rに手数料0円」などを殺し文句にしている場合もあります。

 

と言うことは、実質的に分割出購入することで月々の支払いを少なく
済ませられる状況はそのままに、「余計なお金を払わずとも商品を購入できる」という状況もあります。

 

状況にもよりますが、「現金を借りて(キャッシング)商品を購入する」という方法よりも
「分割払いで商品を購入する」という方法の方がお得になる可能性があります。