キャッシングリボ払い メリット デメリット

MENU

キャッシングリボ払いのメリットとデメリット

毎月支払う金額が固定される払い方であるキャッシングリボですが、
もちろんメリットもデメリットもある支払い方法です。

 

どちらも踏まえた上でキャッシングリボを
賢く利用するためにもポイントを抑えておきましょう。

 

まずキャッシングリボ払いのメリットですが、その支払い方法自体にあります。
通常お金をあとで支払う方法として一括で支払う、何回かにわけて支払う、
1回の支払い回数を一定額にするリボ払いがあります。

 

よくリボ払いと比較される分割払いですが、払うべき金額をわけて支払っていく方法は
残高が増えるとその分毎月支払わなければならないお金が変化するので
結局いくら払う必要があるのかが分かりづらいという欠点があります。

 

しかしキャッシングリボ払いは残高が変わっても
毎月払うべき金額は変わりがありません。
そのためキャッシングリボ払いは支出管理がしやすいというメリットがあります。

 

毎月払う金額は一定であるというキャッシングリボ払いのメリットは
逆にデメリットにも繋がります。

 

分割で払う方法に比べ、リボ払いは払うべき残高が増えても
毎月の支払う金額に変化はありません。
そのため、自分の負担が知らない間に増えているということにもなりかねません。

 

毎月の支出を管理できても将来的に払う総額が管理しづらいというのが
キャッシングリボ払いの最大のデメリットです。
また、リボ払いの場合だと最初の支払いはほとんど利息分にあてられます。

 

そのため中々元金が減らずに長期間利息ばかり払い続けることにも繋がります。
先ほど説明した通り、総額もわからないまま利息分を多く払うことは
最終的な支払い額としては大きな金額になりかねません。

 

目先の管理はとても簡単な分、長期的な管理はきちんとしなければ
損をしてしまうのはリボ払いのデメリットです。

 

とはいえ、1度にお金を払うのが難しいという方にはリボ払い
は魅力的な支払い方法の1つと言えます。

 

きちんと良い点と悪い点を知った上で使うのが1番賢いのかもしれません。