キャッシング 金利 楽天

MENU

楽天銀行のキャッシングの金利は高い?安い?

現在、楽天銀行のキャッシングは「金利1.9〜14.5%」で利用することが出来ます。

 

この数値を高いとみるか低いとみるかは利用者が置かれている状況によって違い、
多くの銀行系キャッシングで問題なく契約が出来るような人にとって見れば
「平均的」という評価をしても問題ないでしょう。

 

しかし、消費者金融系キャッシングしか選択肢が無いような状態の人にとっては
非常に魅力的な数値であると言う評価をすることが出来ます。

 

確かに、楽天銀行のキャッシング金利は「最小1.9%」と非常に低い設定になっています。
この部分だけをクローズアップしてみれば「低い」と評価しても良いのですが、
問題は「実際に利用する時に設定される数値」です。

 

1.9〜14.5%と言う設定幅があると言うことは、1.9%で利用出来る場合もあるが
14.5%で利用する場合もあると言うことになるため、その範囲で「自分が契約した時には
どの程度の設定値になるのか」を想定して比較することが重要です。

 

キャッシングには、「借入れ上限金額(設定値)が高くなればなるほど
金利は優遇される」と言う特徴があります。

 

つまり、100万円以下の借り入れでは14.5%に設定される可能性が
非常に高くなってしまいますが、最高額である800万円の借入れ上限金額が
設定された場合には最小値である1.9%に設定される可能性が非常に高くなります。

 

楽天銀行は総量規制対象外で利用出来るため、年収が2400万円を超えていなくとも
800万円の上限金額が設定される可能性はあります。

 

しかし、規制の影響がないとはいえ多少は配慮された融資上限金額が
設定されることになるため、現実的に言って年収2000万円以上ない人は
800万円の上限金額が設定される可能性はほとんどありません。

 

と言うことは、実質的に1.9%で利用出来る状況は限定されてしまうことになるため、
最大値である14.5%で評価すると「平均的」という結果になります。