キャッシング 金利

MENU

キャッシングの金利は消費者金融と銀行のどちらが安い?

急にまとまったお金が必要になった際に、
誰にも迷惑をかけずに利用できるのがキャッシングサービスです。

 

キャッシングは利用使途を決められていない基本的には誰でも利用できるサービスです。

 

しかし、申込をする場合には、最低限の審査を受けなくてはなりません。
一言でいえば、貸したお金をしっかり返済できる能力のある人でなければ、
キャッシング業者も安心して融資をすることができないということです。

 

具体的には、長期間働いている会社から安定した収入を得ており、
他に多額の借財がないこと、過去に金融事故を起こしていないことなどがあげられます。
以上の条件を満たせるならば、どの業者でも融資をしてくれるはずです。

 

しかし、業者によって、借りたお金にかかる金利は異なります。

 

過去は消費者金融といえば、やくざまがいの取り立てに追われ、
破産してしまうというイメージが強かったのですが、今では、
利息制限法という法律があり、貸金業者が消費者に課する金利の上限が定められています。

 

つまり、それ以上の金利を課すような業者は闇金ということになります。
絶対に利用しないようにしてください。

 

では、どの貸金業者に申込みをすれば良いのでしょうか。
安心してお金を借りることができるのは銀行です。

 

銀行は個人向け融資ではなく、企業に対して多額の融資をすることで収入を得ていましたが、
キャッシングで儲けを得られると考えて、銀行本体が、貸金業をしているのです。

 

余談ですが、預金をしても利息などは、二束三文です。
タンス預金をしていても変わらないような利息か得られないのです。

 

しかし、融資をする場合には、100倍以上もの条件なのです。

 

お金を融通するだけで、儲けを得ているような銀行は利益重視ですが、
消費者金融などの業者よりも安く融資を受けられることから、
融資を受ける場合には、銀行を利用する方がお得です。

 

利息制限法という法律があり、適用金利の上限は年利で18%以下
となっていますが、銀行では、それ以下で融資をしてくれるのです。