キャッシングカード 解約

MENU

キャッシングカードを解約する際の注意点

キャッシングカードを解約してしまうと、それ以降、
「もう一度借入れをしたい」と思った時には再契約の必要があります。

 

もし、以前の利用環境が非常に良かった場合などは
「審査無しで再契約可能」と判断してもらえる場合もありますが、
完済から時間が経っている場合にはほぼ間違いなく再審査を経て契約の可否が決定します。

 

今現在、ほとんどのキャッシングカードは「年会費無料」で保有することが出来ます。
要するに、「カードを持っているだけなら一切コストは発生しない」という状態になるため、
特に必要性が無くともキャッシングカードを作成していても何の負担もありません。

 

一応、「個人情報が貸金業者に渡る」というデメリットはありますが、
健全な貸金業者を利用する場合には悪用される心配はほとんどないので安心しても大丈夫です。

 

解約をするのは難しくありません。契約している貸金業者に対して解約したい旨の連絡、
もしくは会員ページなどから手続きを行うだけで完了します。

 

キャッシングカードに関しては返還するようなことはまず無く、
「自分で処分する」という方法で処理することになります。

 

カードをハサミで切ってゴミとして出すのが基本的な処分方法になりますが、
人によって「記念」としてそのまま取っておく場合もあります。

 

いずれにしても契約が無くなってしまえばカードを使用することは出来なくなるため、
使用不能な状態にするかどうかは大きな問題ではありません。

 

問題となり得るのは、「再利用するかどうか」というポイントで、二度と利用することは無いと
言うことであれば捨ててしまっても問題ありませんが、再利用の可能性が残されている場合には
「そのまま保有し続ける」という選択も検討することが必要です。

 

また、「無利息残債」の取り扱いについてもしっかりと把握しておくことが大切で、
これを知っているかどうかによって若干のコスト負担の変化が起こる可能性があります。
その点も加味して解約をするかどうかを決めていきましょう。