キャッシング枠 住宅ローン

MENU

キャッシング枠が住宅ローンに影響する?

人生で1番大きいとされる住宅購入のための住宅ローンですが、ローンの契約期間が長く
また契約金額も大きなものになることから住宅ローンの融資審査は通常のローンよりも
審査を厳しく行っている金融機関も多いとされています。

 

住宅ローンの審査の際にはこれまでのマイカーローンなどの借入状況はもちろん、
クレジットカードの支払い状況、携帯電話購入のための端末分割代金などの
支払い履歴も審査対象となります。

 

ではキャッシング枠は住宅用のローンを組む上で影響はあるのでしょうか。

 

結論からいうと、キャッシング枠は住宅のローン審査にある程度影響が出るものです。
とはいえ、キャッシング枠があるから
即座にローンの申し込み上不利になってしまうというわけではありません。

 

そもそも今までの人生で1度もお金を借りたり、クレジットカードの利用履歴がない人よりも
多少持っていて、毎月きちんと払っている人の方が
より信用できると決める金融機関もあります。

 

そのためある程度のキャッシング枠を持っているだけでは
よほどのことがない限りすぐに悪い影響が出るとは断言できません。

 

ではある程度とは具体的にどれくらいでしょうか。
実際、金融機関によってその金額はまちまちであるため一概には言えません。

 

しかし消費者金融などの借り入れに年収の3分の1以上の貸付けはできない
とする規制があるように、住宅のローンを組む上でも現在の年収と比較してローンが
どの程度の割合あるのかは見られてしまいます。

 

また、1度くらいの延滞は仕方がありませんが度重なる支払い延滞はマイナスポイントです。

 

特に融資の前の3ヶ月間の期間を重視する金融機関もあると言われているので、
住宅ローンを申し込む予定の数ヶ月前は確実に返済が怠ることがないようにしましょう。

 

住宅向けのローンの利用にはこのようにキャッシング枠の存在が影響する可能性もあります。
いらないものは思い切って解約してしまうことも含め、利用や契約は計画的に行うことをおすすめします。