キャッシングカード 磁気

MENU

キャッシングカードの磁気不良の復活法!

銀行や信用金庫などの金融機関、消費者金融会社や信販会社などの金融会社では、
キャッシングサービスやカードローンサービスを消費者に提供しています。

 

これらは、限度額まで借りる事が出来る個人向けの融資サービスであり、
提携ATMで融資を受けたり、返済をしたりという事が出来ます。

 

キャッシングを利用する為の専用のカードの事をキャッシングカードと呼び、
これにはカード番号などのデータを読み取る為の磁気ストライブがあります。

 

銀行のキャッシュカードなども同じように磁気ストライブになっており、機能的には同じです。
しかし、このタイプのカードの弱点は、テレビなど電磁波が強い電化製品の近くに置いていたり、
鞄の金具に使われている磁石の近くに置いたりする事で、磁気ストライブに記録されているデータが飛んでしまう事です。

 

キャッシングカードのこのような症状を復活させるには、カードを発行している
金融機関や金融会社の窓口で磁気を回復してもらえば良いでしょう。

 

キャッシングカードは、キャッシングを行うためには必要不可欠ですので、
カードの不良は早期に直しておくようにする事が大切です。

 

復活させたら、磁石や電磁波、携帯電話の電波などによってデータを飛ばされないようにしておく事が
必要であり、最近ではこのような症状が起こらないようにするパスケースのような物が量販店などで
販売されていますので、そのようなケースに入れて持ち歩くようにしておくと効果的です。

 

カードの不良によって、カードが使えなくなってしまいますと、
キャッシングの融資・返済が出来なくなってしまい、様々な不都合が発生します。

 

キャッシングカードを他のカードや通帳と一緒に持ち歩く際にも気をつけなければいけません。
これらのカードもお互いに干渉し合う可能性が高く、カードの不良に繋がってしまうからです。
カードの不良を引き起こさないようにする事も、不良から復活させる事も考えておかなければいけません。