キャッシングサービス jcb

MENU

JCBカードのキャッシングサービスについて

jcbカードはカード会社のなかでも有名な方ですが、
キャッシングサービスをしている点も知られています。
ではそのキャッシングサービスの内容はどのようのでしょうか。

 

まず、上限額は400万円に設定されています。
上限額の400万円はキャッシングとしても平均的な額になります。

 

ただし、だれもが400万円借り入れるかというとそのようなことはありません。
なぜなら、総量規制があるからです。

 

総量規制は貸金業法に記載されているものですが、
年収の3分の1を超えていることができないという決まりです。

 

つまり上限額が400万円ということは、年収にすれば1200万円ないと
借り入れることができないことになります。
そうするとごく限られた特定の人だけが400万円借り入れることができることになります。

 

jcbのキャッシングサービスの利率については、250万円の借入なら8パーセント、
350万円以上なら6.9パーセント、
そして400万円の借り入れならば6.2パーセントになっています。

 

このように、借入額によって金利が徐々に下がっていく仕組みです。
最低金利が6.2パーセントはキャッシングの中ではかなり低い方でしょう。
借入額が10万円程度であれば18パーセント前後の金利になります。

 

このように金利は借入金額が大きいほど下がっていくのは、
できるだけ多く借り入れた人を優遇するためでしょう。

 

キャッシングサービスの年齢制限は22歳から58歳になっています。
このように年齢を絞り込んでいるのは、それだけ審査が厳しいことの表れでもあります。

 

JCBは、キャッシングサービスの中でも審査が厳しいと言われています。
例えば、正社員以外では借り入れが難しいのが現状です。
パートやアルバイト、派遣社員などが借り入れをしたくても認められないことが多いでしょう。

 

正社員であっても勤続年数が短いと認められない可能性があります。
最低でも5年以上会社に勤めていることが必要になります。