キャッシングカード 紛失

MENU

キャッシングカードの紛失に気づいたら先ず何をするべき?

お財布を落としてしまった、自宅に置いていたはずのカードが見当たらないなど
もしキャッシングカードの紛失に気づいたときはどう対応するのがベストでしょうか。

 

キャッシングカードを紛失したときにすべき対応は次の3つです。

 

まず1つめは、キャッシングカード会社に紛失の連絡をすることです。
カード会社に連絡をして止めてしまえば、万が一なくしたはずのカードを
誰かが拾って悪用しようとしても利用することができません。

 

カードによっては、なくしたという登録をカードにかけることで
ATMにカードを入れた途端にATMの機械に吸い込まれて
戻ってこなくなる仕組みが取られているものもあるようです。

 

続いて必要なことは念のため警察に届け出ることです。
特にお財布を落としたときには
最初に伝えたカード会社の連絡と同じくらい必要な行動です。

 

なぜなら、万が一落としたカードを悪用した場合、
きちんと警察に届けていればカード会社によっては
補償をしてくれることがあるからです。

 

警察に相談をすると届けでたという書類をもらうことができるので、
カード会社に提出が必要となったときに備えて大切に保管しておきましょう。

 

キャッシングカードが見当たらないときにすべき3つめの行動として、
カードの再発行があります。

 

再発行手数料が取られてしまうカードブランドもありますが、
見つかるまでの間にお金が必要になっては困りますので
そういった可能性がある人は早急に再発行の手続きを行いましょう。

 

もちろん、カードを紛失し誰かに拾われたとしてすぐに悪用されるというわけでは
ありませんが、なくしたときに備えて普段からキャッシング利用に必要な暗証番号を
他人から想像できるような番号にしないなどの予防策も必要です。

 

ましてカードに暗証番号を書いておくなどは絶対にしてはいけません。
そのような場合、カード契約者の落ち度を問われて前述の補償などが
受けられなくなる可能性があります。

 

なくしたときに慌てないように、これらのことを抑えておくと良いでしょう。