キャッシングカード 比較

MENU

キャッシングカードの比較ポイントはココ!

キャッシングカードを比較する際のポイントとなるのは、何といっても「金利」です。

 

これは、単純にキャッシング契約をする以前に調査すべきポイントと言えるのですが、
借入金額に対してどの程度の利息を支払わなければいけないのかと言うことを
意味する「金利」によって、完済までの負担が全く変わってきます。

 

例えば、金利10%と20%のキャッシングカードを使って100万円の借り入れをする場合、
前者は年間10万円の利息で済むところを
後者は20万円の利息を支払わなければいけなくなってしまいます。

 

実際には元金の変動などがあるのでその限りではありませんが、
約10万円分早く元金を減少させることが出来れば
それ以降に発生する利息を減らす効果もあるのでメリットは大きくなります。

 

申込み以前にしっかりと検討し、最も返済効率が良くなるような方法を選択するように
意識しておくと、余計な負担を負うことなく安心してキャッシングを利用することが出来ます。

 

また、それと同時に「返済手数料」についても
しっかりとシミュレーションを行っておくことが大切です。

 

上記例で挙げた支払い利息は「金利分のみ」の金額です。
銀行引き落としなどを設定して定期的に返済が行われるような環境にすれば、
手数料などのコストを発生させることなく利用していける場合が多くあります。

 

しかし、「コンビニATM」を利用する場合などは手数料が発生することが多い為、
その分のコストも実質的な利息負担と考えてシミュレーションすることが大切です。

 

どのような方法でいくらの手数料が発生するのかというのはキャッシングごとに異なるため、
事前に調べて比較検討することが必要になります。

 

キャッシングカードによっては「一切手数料が発生しないもの」などもありますが、
多くはコンビニATMなどの「提携ATM」を利用する場合には手数料が発生することになります。
しかし、手数料の金額はそれぞれで異なる場合もある為、必ずチェックしておくようにしましょう。