キャッシングカード 使えない

MENU

キャッシングカードが使えない原因と対処法

キャッシングに申込んで無事に審査を通過したらキャッシングの場合は解約しない限りは
何度でもお金を借りる事が出来て便利ですが、
ある日突然キャッシングカードが使えないことになってしまう人が時々います。

 

どうしてそのようになるのか、その原因と対処法についてここでは紹介します。
まず、一つ目に考えられる原因としてはキャッシングカードを
使い過ぎて既に限度額にまで達してしまっている事が考えられます。

 

もしこの場合であれば対処法としては返済を行う事で
借入残高を減らせば、また使う事が出来るようになります。
だからしばらくはキャッシングカードを使うのは我慢して返済に集中してください。

 

二つ目に考えられるケースとしては返済の支払いが遅れて延滞してしまっている場合です。
この場合だと最悪の場合は借り入れが完全に停止されてしまい、
他の所からの借入も難しくなってしまいます。

 

そのために、この原因の場合の一番の対象法としては返済が遅れないようにする事です。
万が一、遅れてしまった場合は速やかに連絡を取って
すぐに遅れた分の遅延損害金も含めて支払う事が大事です。

 

数日の遅れ程度ですぐに返せばそれほど深刻な状況とはなりにくいですが、
この場合でも何度も繰り返すと利用停止になってしまう可能性はあるので気を付けた方が良いです。

 

もし、支払う事は出来ても忘れっぽいから忘れてしまうという人は、
口座振替で自動的に引き落とされるようにしたり、
期日が迫った際にメールを送信してもらうようにした方が良いでしょう。

 

三つ目は、収入が減ったり、他社で借り入れをしたといった場合です。
収入が減った場合は返済能力が減っているという事であり、
他社で借り入れている場合もリスクが高くなっているという事になります。

 

もし、途上与信を行った際にこうした事が発覚した場合は、
いきなりカードが使えないようになる事もあります。

 

四つ目は収入証明書の提出を忘れた場合です。
消費者金融で申し込み時に収入証明書の提出が求められた場合、
それで終わりという訳では無くて三年に一度収入証明書の提出をしなくてはならないです。

 

素の提出を忘れてしまっている場合はキャッシングカードを利用する事ができなくなってしまいます。
そうならないように、きちんと連絡があったらチェックをし、
収入証明書の提出を求められたらするようにする事が大事です。