キャッシングサービスとカードローンの違い

MENU

今さら聞けないキャッシングサービスとカードローンの違いとは?

キャッシングサービスとカードローンの違いは、前者がクレジットカードについている
機能としてお金を借りるサービスであるのに対して、後者はローン専用カードを
利用してお金を借りる事であるという点です。

 

両者ともお金を借りるという仕組み自体は同じですが、提供されている
サービスが専用か、クレジットカードの一部機能かという違いがあります。

 

ただし、キャッシングサービスとカードローンの違いはこうなっていますが、
よく混同して利用されることがあります。

 

そもそも、キャッシングという言葉の意味は、個人向けの小口融資を意味します。
そう考えると、カードローンもキャッシングということになります。

 

また、キャッシングも、カードを利用するという点ではカードローンと同じです。
そのため、キャッシングのことをカードローンとして表記する方もいます。

 

もちろん、正式にはそれぞれ別に使い分けられていますが、個人レベルでの用語の利用では
混同されていることがありますので、ブログやインターネット掲示板で文脈に
これらの言葉が登場した場合には、それがいずれのことを指すのかを自分で見る必要があります。

 

キャッシングサービスとカードローンの違いとして、返済の方法の違いもあります。

 

キャッシングの場合は、原則として一括払いです。
また、利用枠が少額に設定される傾向にあります。

 

いっぽう、カードローンの場合は、大金ではありませんが、
数十万の比較的大きな枠が設定されることが多いです。

 

ただし、この違いもあまり差が無くなってきているのが事実です。
最近はキャッシングでも数十万円の枠が設定されることもありますし、
返済方法も分割やリボ払いが選べる会社もあります。

 

そのため、この両者の実質的な違いは、クレジットカードを使ってお金を借りるのか、
ローン専用カードを使ってお金を借りるのかという違いになります。
このように、現在は両者の違いはほとんどないと考えても問題は有りません。