キャッシング ブラック 審査

MENU

ブラックでもキャッシングの審査を通るには

キャッシングの審査に受かるためには、まずは「貸金業者から信用されること」が必要です。
通常、個人間における信用と言えば「実績」が重視されますが、
貸金業者にとってもこの仕組みは共通しています。

 

個人間の場合、これまでに接してきた結果から信用できるかどうかということを判断し、
過去に何らかの原因で「信用できない」と判断されている場合には、その印象を払拭することが
出来なければ「その人にとって重要な内容」について相談を受けることすら出来なくなってしまいます。

 

当然、貸金業者の場合に「信用が無ければ審査で落とされる」と言うことになりますが、
貸金業者にとっての信用とは「返済能力」以外にありません。

 

過去のキャッシング契約において返済遅れや滞納などがあった場合、
「ブラック」となってしまっている可能性があります。

 

初めてキャッシングを利用する場合には無関係の様に考えられやすいのですが、
ある程度の年代になって信用取引の履歴が一切ない状態を「スーパーホワイト」などと言い、
これはブラックと同等のネガティブなイメージを与えかねない状態です。

 

もっとも、スーパーホワイトの場合は具体的にネガティブな実績がある訳では
無いので払しょくすることは簡単です。

 

まず、ブラックの人がキャッシング審査に合格するためには、
「その時の返済能力を客観的に証明すること」が必要です。

 

例えば、過去にネガティブな実績を残してしまった時と比べて年収が格段にアップしているとか、
収支状況を改善して生活環境が変わっていると言ったことがポジティブな印象を助長しますが、
だからと言ってそれだけの情報でおいそれと過去のネガティブな印象が払しょくされる訳ではありません。

 

最終的には実績を見て判断してもらう様な価値をとりつつ、「1万円を上限とした契約をしてもらう」
「保証人や担保を預ける」と言った方法で契約のハードルを下げつつ、
その後は健全な取引を行って実績を積み上げていくことが有効です。